ディーゼルスーパー スーパーの社員辞めたい。

スーパーで働く社員としての日常から色々な事まで発信していきます!2020年7月に子供が生まれたので子供のことに関しても発信していけたらと思います!#20代 #スーパーマーケット #仕事辞めたい #スーパー正社員 #副業 #ブログ運営 #仕事 #食品 #小売業 #子育て #育児 #パパブログ #車 #RAIZE

マクドナルド アルバイト 就職活動の役に立つ、就活有利!!

行きつけのマクドナルドでの朝です。妻が今日は遅番だったので、

比較的遅い時間からのスタートになりました、ディーゼルです。

今回は以前にも就職活動絡みの記事でもチラッとお話している、

「マクドナルド」さんでのアルバイト経験の事です。

やっぱり大きな会社さんですので、

教育や指導のような部分に関しては私の経験してきた、

アルバイトの中でもナンバーワンでした。

きっと就職活動、就活に役に立つこと間違いなしの

アルバイトです!

 

f:id:diesel17:20200207101021p:plain

 

今回の記事のテーマにしているマクドナルドさんですが、

実は私自身が高校三年間と大学の四年間の一般的に

アルバイトできる全ての期間でアルバイトしていた

会社さんなんです。

その経験を元に今回はお話していきます!

 

今はもう就職しているので、利用する側になっているのですが、

学校を卒業した後も、今でも週2回ほど利用させていただいております。

アルバイト時代の知り合いなどが今でもその店舗にいて、

通いやすいという点もあるのですが、

お店によっては今はコンセントスペースやWi-Fiが

完備されていて、充電しながら、ブログを書いたりするのに

ありがたく使わせていただいています。

 

 

  • マクドナルドのアルバイトってどんな事するのか。

 

業務内容って気になりますよね。基本的に二つに分けられ、

「接客業務」「製造業務」があります。

 

 

 

「接客業務」の場合

いわゆるカウンター業務ですね。お客様側からみると、

レジで注文を受ける人、商品の受け渡しをしている人。

客席の清掃やお客様誘導をしている人。

その他ドリンク類の製造。商品の梱包作業をしている人。

ドライブスルー関係の仕事をしている人。

あの激安のマックのソフトクリームを作るのも

カウンター業務の一つです。

 

 

 

「製造業務」の場合

変ってこちらはオペレーション業務です。もちろんお客様からも

見える事が多いのですが、店舗の作りや内部構造によっては

見えない部分での作業が中心になる店舗もあります。

作業としては、

ハンバーガーを作っている人。お肉を焼いている人。

揚げ物を揚げている人。材料の補充をしている人。

あの大人気のポテトを作る人。「ポテター」という

ポジション名もあって「今日は〇〇さんポテターで!」

なんて会話も。

 

 

厳密にいうと線引きが難しく、パッと見ではお客様側からは

分からない部分もあるのですが

主にお客様に接客する機会があるのが「カウンター業務」

逆にそれが無いのが、「オペレーション業務」とも表せます。

 

 

なのでもちろん接客が好きで、

「お客様とたくさん話したい!」「笑顔を届けたい!」

なんて方には当然おすすめですが、

逆にちょっとそうゆうのは比較的苦手で。。

なんて方でも、面接の際などに、

「オペレーション業務希望です!」なんて伝えると

良いかもしれませんね。

 

もちろん男女は全く関係ないです!!

 

私も男ですが、最初二年間はずっとカウンター業務でしたし。

同期の同い年のアルバイトの男はみんな

「オペレーション業務」でしたが。

 

逆に女性の方で「オペレーション業務」という方も珍しくないです!

基本は店舗状況や社員が適正を見て決めていますが、

希望が考慮される事は間違いないと思いますので、

面接時などに伝えましょう!

 

 

 

  • なんで私がこんなに勧めるアルバイトなのか?

 

いくつか理由はあるのですが、私個人として一番やっていて

良かったと思っているアルバイトが、

「マクドナルド」さんです。

 

 

勧める理由の大前提として

「費用対効果が良い」「楽だから」「時給が良い」

というわけではありませんので、

 

楽に大金を稼ぐというよりは、人生の中で必要な経験を

「学生時代に積めるから」という事になります。

 

それでは私が「マクドナルド」さんでのアルバイトを

ここまでおススメしている理由をお伝えします。

 

 

マネージャー業務の体験。

 マネジメント経験ができる。

 

これから始めようかなと思っている方、もしくは

今現在もうやっているよ!という方には是非お伝えしたいのが

「シフトマネージャー」になる事です。

 

 

お客様側から見ると、

制服の違う方がいるのを見た事がないですか?

 

1.2年前に制服が変わってしまったので、昔とは違うのですが、

数人働いている中に必ず一人はいる制服の違う方。

この方が「シフトマネージャーさん」または「社員さん」です。

 

※豆知識ですが、社員さんとこのシフトマネージャーさんって

 実は同じ制服を着ているからパッと見で区別はつかないです。

 

実はこの「シフトマネージャー」というのが学生でも出来る!

というのがおすすめの点で。

もちろん細かく言うと、「シフトマネージャー」になるまでには

「知識試験」「研修」難関の「実務試験」があるのですが、

やる気になればできない事は絶対にないです。

 

現に私のような人間でもできた実績もありますので。

けっこう多くの方がやらずに終わってしまう事が多いのですが、

数年間続けよう!と思ってたり、

「カウンター業務」「オペレーション業務」一通り経験したな

なんて人がいたらやるべきです。

きっとそのくらいの段階まで来たら、社員さんから声がかかると

思いますが。

 

いざやるとなると、学校の授業なんかより難しいような

マクドナルドに関しての知識の勉強や、

実際の実務の練習があります。実務は数をこなす事が全てですが、

要は「シフトマネージャー」は「時間帯責任者」となるので、

 

「人の管理」「お金の管理」

「お店全体の管理」「時間の管理」

 

が仕事になります。

電話が鳴れば出て対応しますし、他店との商品の移動や

クレームの処理。なども「シフトマネージャー」の仕事ですね。

 

私は意味合い的にかなり近いスーパーマーケットに

就職したのもありますが、社会人となってから

できたらスムーズという事がかなり経験できます。

 

特にマネジメントの部分に関しては、

その時間のお店を任せられているわけなので、

誰をどこに配置するとスムーズにお店が回るのか、

自分がどの行動をして、誰をフォローするのが

お店の為になるのか。

 

常に考えて行動するので、毎日が経験になります。

もちろんただ指示を出して、自分は動かないような

マネージャーには誰もついてきませんので、

その辺の動き方や考え方というのも

「シフトマネージャー」になるための勉強会で

徹底的に叩き込まれます。。。。

 

 

色々な世代の方と交流。人と人の繋がりを体験できる

 

私の実体験を元に話しますと。

高校生の頃は同い年位の仲間たちと夜働く事が、

中心だったのですが、

大学生になって、日中の時間が空いたり、

講義の無い日がでたりしてきたので、

日中の時間働く事もとても多くなっていきました。

そうすると夜じゃないので、

おばちゃん世代やママさん世代の皆さまと働く事が多くなり、

その頃はもう「シフトマネージャー」でしたので、

自然と話す機会も増えて、色々な人と関わりを持つ機会が

増えて来たのも、良かったと思える点です。

 

やっぱり年上の方に気に入られるというのも

一つの能力であると私は思ってます。

 

社会人になり、会社などに入社して働いていると

学生の時とは違い、目上の方、年上の方と接する機会が

圧倒的に増えるのでその経験を積むきっかけにも

なると思います。

 

 

今回は私がなぜ「マクドナルド」さんでのアルバイトを

おすすめしているのかという記事でした。

また何かきっかけがあればお話したいと思います。